10月から11月にかけて、飯南町や美郷町の秋祭りでは、各地区の宮で『はやしこ』の奉納が行われます。飯南高校では『はやしこ』を地域学習の一環として捉えており、【地域在住の生徒が郷土の文化の担い手として活動することを奨励するとともに、県外出身の生徒が飯南地域の文化にふれる契機とする】ことを目的に、生徒たちは公欠扱いで祭りに参加しています。昨年度に引き続き、ホストファミリーの方にお誘いいただき、県外出身の寮生も『はやしこ』として、地域の多くの方が支えるこの伝統行事に参加させていただきました。

H30 はやしこ

地元出身の生徒からは、「小さい頃と比べたら参加人数は少なくなったが、盛りあがりが廃れないのは地域の人の思いがあるからだと思う。今後も続けていくために、自分にできることから動いていきたいと感じた。」「飯南町の伝統といえるこの『はやしこ』を継承できる人になりたい。これからもできるだけ参加して地域に貢献し、恩返ししていきたい。」等の感想がありました。地域に根差した伝統文化の大切さを感じ、次世代に繋げていきたいという思いを書いている生徒が多くいました。

また、県外出身の寮生からは、「地域全体が大きな家族の様で、飯南の良さ体感した。はやしこだけでなく、様々な行事に参加させてもらっていることもあり、段々と知り合いが増えてきたことがとても嬉しい。寮生がはやしこに参加できるように動いてくださった皆さんに感謝したいと思う。」等の感想がありました。人と人との繋がりや世代間交流の温かさを、身をもって体験させていただきました。ありがとうございました。