2月14日の3年生の出校日に合わせて、人権・同和教育講演会を行いました。
5月にも全校生徒と保護者の皆さんに向けた人権・同和教育講演会で講師を務めてくださった三浦成人さんを再びお招きし、4月から新生活を送る3年生に向けてお話しいただきました。

 写真1 

三浦さん自身の体験や、今まで関わってこられた人たちが、様々な状況に置かれながらも決して主張を曲げることなく、努力と挑戦を続けたエピソードは、生徒たちの心に真っすぐに届いたようで、真剣な眼差しで話を聞いていました。

 

 写真2

これからの新生活の中で、新しい人間関係を築いていく時、乗り越えていかなければならないこともたくさんあると思います。しかし、三浦さんは、「人は幸せになるために出会っている」「出会いを大切に」というメッセージを想いを込めて生徒たちに伝えてくださいました。

 

講演後、生徒からは「私は周りの人に支えられて生きていることを改めて感じました。そして、今まで出会った人たちが今の私をつくってくれているのかなと思いました。その人たちに恩返しをし、後の世代に人を大切にすることを継承していきたいです。」「どんなに苦しい状況でもあきらめなかったからこそ、乗り越えることができた話を聞いて、生きる上であきらめないことはとても大切なことだと感じました。」などの感想が上がっていました。
今後、困難にぶち当たったとき、三浦さんの講話や熱いメッセージを思い出し、前向きに“生きていく力”に変えていってほしいと思います。