11月15日に、3年1組の生活デザイン「高齢者とかかわる」単元の実習として、『認知症サポーター養成講座』を行いました。

『認知症サポーター』とは、認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者のことです。

この講座では、キャラバン・メイト(認知症サポーター養成講座の講師役)として、飯南町保健福祉課の保健師、理学療法士、看護師の方5名をお招きしました。

 

講義の前半は、認知症の症状や治療、予防、支援の仕方等について、詳しく教えていただきました。

認知症サポーター養成講座

後半は、認知症とは誰もがなる可能性のある脳の病気であること、接し方次第で症状を和らげたり表れなくすることができること、早期受診・治療をすることで進行を止めたり遅らせたりすることができること等、この講習で習ったことを踏まえて、認知症の方への「良い対応」「悪い対応」をグループワークを通して考えました。

認知症サポーター養成講座

また、【認知症サポーターとしてできること】も考えました。家族や親戚に認知症についての知識を伝える、地域行事への参加を呼びかける、言葉に耳を傾け受け止める等、今から自分にもできると思うことを一人一人書き上げていました。

この『認知症サポーター養成講座』は、町内の郵便局や商工会等の様々な場所でも行っておられるそうです。認知症になっても互いに支え合い、安心して暮らせる町づくりを目指しているとおっしゃっていました。

誰もが暮らしやすい地域をつくっていくための一員として、高校生として、またその後の生活の中でも、自分のできる範囲で活動してくれることを期待しています。

 

講習の最後には、『認知症サポーター』として認知症を支援するという印のオレンジリングをいただきました。

認知症サポーター養成講座