11月20日に、1・2年生を対象に第4回飯南ジョブフェアを行いました。

飯南ジョブフェアは、飯南町内・近隣の事業所の方々にお越しいただき、【企業の魅力や、飯南町で働く意義、やりがい等を知ることで、地域理解や地域貢献の意欲を養うこと、進路選択の一助とすること】を目的に、4年前から開催しています。今回は16の事業所に加え、Uターン・Iターンの方、地域で活動する大学生合わせて4名の方にもご協力いただきました。

生徒たちは25分ずつ、合わせて4つのブースを回り、会社の概要や働く意義等の話を聞きました。

第4回飯南ジョブフェア第4回飯南ジョブフェア第4回飯南ジョブフェア第4回飯南ジョブフェア第4回飯南ジョブフェア

自分の目指す分野の話でなくても、仕事のやりがいや仕事に就いた理由等をお聞きし、様々な視点で職業を捉えることができました。話の中で高校生へのメッセージもいただき、今やるべきこと、身に着けておきたい力等、高校生活から取り組める大切なことにも気づくことができました。


来ていただいた方々の思いを聞き、生徒からは

「様々な事業所や個人の方の話をお聞きし、地域に貢献できる方法はたくさんあると知ることができた。」

「将来看護師になりたいと考えているが、福祉施設でも看護師が必要だとわかり、就職先の選択肢が増えた。どんな場所で働く看護師になりたいかを考えていきたいと思った。」

「将来は地元に戻ろうと考えているが、今回Uターンされた方の話を聞き、その思いが一層強くなった。将来のために、地域活動に積極的に参加し、地域とのかかわりを深め、大切にしていきたい。」

「今回話をお聞きした方のように、自分に合ったやりがいを見つけ、誇りを持って仕事ができるようになりたい。」

「飯南高校卒業生の方のメッセージで、“仕事に就く前の土台作りが大切”という言葉が参考になった。高校はその土台を固める大事な時期なので、しっかりと勉強しようと感じた。」

等様々な感想が上がりまりました。

たくさんの刺激を受け、目指している職業、その他の職業についても視野を広げることができた進路学習となりました。また、地元で働いている方の故郷への思いを聞くことができ、自分の町への愛着を深めることにも繋がったようです。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。