4月24日、25日に町内11の保育所・高齢者福祉施設で3年1組の生徒が福祉体験学習を行いました。体験を終えた生徒からは、「共に過ごすうちに、どのような声の大きさや話し方が高齢者の方に聞き取りやすいか、どうすれば喜んでもらえるのかを知ることができ、とても勉強になった。」「会話の中で、“笑顔”の大切さを感じた。笑顔で話すことで、お互い良い雰囲気の中で楽しく会話することができた。」「働く世代が少ない現実に気づいたので、もっと若い人が増えるといいと感じた。今後さらに高齢者が増えることが予測されるので、地域に信頼される施設として事業所を増やすことが必要だと思った。利用する方が生きがいとなるように、より有意義な時間、場所になってほしい。」などの感想がありました。事前学習で学んだ飯南町の現状や課題もこの体験学習を通して感じることができ、今後の生命地域学の授業にも繋がる貴重な体験となりました。

 福祉体験学習

お世話になった福祉施設の方々には、お忙しい中、丁寧に指導していただき、ありがとうございました。