家庭学習期間に入っている3年生ですが、出校日を活用し、進学・就職に向けて役立つ様々なセミナーを行っています。

 

2回目の出校日は、人権・同和教育講演会を行いました。1年生の時から学期に1回ずつ人権週間を設け、様々な人権問題について学んだり考えたりし、人権意識を高めてきました。今回はその集大成として、三浦成人さんを講師にお迎えし、進学・就職を控えている3年生に向けて話をしていただきました。

人権・同和教育講演会 

三浦さんは、様々な人との出会いから差別に向き合えるようになり、講演を行うようになるに至った道のりをご自身の体験を通して伝えてくださいました。自分のことをわかってもらう、人のことをわかる、ということは簡単なことではないが、「誰かのために」という思いは、とても大きな壁を乗り越える力があるということを実体験から感じておられました。その熱い思いを込めたお話を、生徒たちは真っすぐ前を見て、真剣に聞いていました。「人を許せる、優しい強い心を持った人になってください」というメッセージも最後にいただきました。

生徒からは、『今後、どんな仕事に就こうと、どんな人と出会おうと、自分の与えられた環境の中で、自分らしく過ごしていこうと思った。』という感想がありました。

社会に出ていく3年生に向けたお話をそれぞれがしっかりと受け止め、前に進んでくれるだろうと思います。

 

3回目の出校日は、島根司法書士会から講師をお招きし、法律教室を行いました。

進学・就職で、一人一人が生活の中で扱う金額は高校生活と比べて大幅に広がると思います。これからの生活の中で出会うかもしれない様々な詐欺の手口を教えていただき、客観的に物事を見ること、困ったら自分だけで解決しようとせず、必ず相談することの大切さを教えていただきました。

人権・同和教育講演会