保育や看護希望者4名が保育所訪問を行いました。

訪問前の話し合いで生徒は積極的に園児が楽しめる物を考え、活動内容はハンカチ落とし、折り紙、手遊び、読み聞かせの4つに決めました。

当日活動のはじめは、年少~年長クラス対象で行いました。折り紙を園児が興味を持てるように生徒が名札として着用しました。それぞれのクラスに保育士さんにも入っていただき、一人ひとりの進度に合わせて進めて行きました。出来上がりに園児は満足な様子でした。

折り紙

 

その後0~2歳児も集まり、一緒に手遊び・読み聞かせをしました。手遊びでは目線やリズムを合わせながら笑顔いっぱいで取り組みました。

 手遊び

 

その後、お迎えが来るのを待つ間、個々で園児と交流しました。泣いている子をあやしたり、丁寧に話しを聴いたりと短い時間の中で距離を縮めることができました。

園児と遊ぶ

お別れの挨拶では、一人ひとりが感想や感謝の思いを伝えることができました。保育所の方からも、また来てくださいとの声を頂きました。桜ケ台保育所の皆様、ご協力いただきありがとうございました。