頓原公民館祭りで、町内生徒2名が頓原地域婦人会さん協賛によるうまいものコーナーのウェイターとして活動しました!

生徒は婦人会の皆様に半券の引換方法などを教えてもらい、一つ一つ丁寧に接客していました。

お昼前には一気にピークとなり一生懸命対応しました。

ウエイター

 

 

また3年1組「生命地域学」で課題研究をしている班も活躍していました。

「ハザードマップの認知度を上げ重要性を理解してもらう」というテーマで研究している班で、来場者の自宅から避難場所までの経路をハザードマップでたどってもらいました。また自宅に帰ってからも家族で話し合ってもらおうと頓原地区の方にはハザードマップを配布しました。

 

ハザードマップでたどる

 

来場者からは、「初めて自宅周辺の危険箇所を知った」「職場でハザードマップを活用した研修をしたい」などの意見がありました。公民館や社会福祉協議会の方に呼びかけをしてもらい予想を超える来場者があり、生徒たちはご協力に感謝していました。

 

ステージ発表では、生徒2名が弾き語りとアカペラで出演しました!公民館の方から出演者としてもお祭りを盛り上げてくれて嬉しいとの声をいただきました。

ステージ発表

 

当日は晴天に恵まれたくさんの方で賑わい、公民館の方を始め地域の方が「お祭りに参加してくれて嬉しい」など、生徒にたくさん声を掛けてくださいました。今後も地域の活動に積極的に関わりたいと思います。ありがとうございました。