7月25日に、JRC部とボランティア委員会のメンバーが、約5年間学校で収集したペットボトルキャップを持ってイオンモール出雲店を訪れました。

イオンは、「ペットボトルキャップで世界の子どもたちに笑顔を!!」という取組を行っておられ、不要になった飲料用ペットボトルキャップを回収し、リサイクル業者に買い取っていただいた対価をワクチン支援を含めた途上国支援活動に寄付されています。

このようなペットボトル回収キャンペーンについての説明をお聞きし、館内見学もさせていただきました。

ペットボトルキャップペットボトルキャップ

普段捨ててしまうキャップでも、約2キロ(約860個)でポリオワクチン1人分相当の20円になるそうです。

飯南高校から持ち込んだペットボトルキャップを計量してもらうと、18.2キログラムで、ワクチンに換算すると、約9本分になります。

説明を聞いた生徒からは、「リサイクルすることで子どもの命を助けられることがわかったので、リサイクルして良かった」「たくさんの人が助かってほしい」「ワクチンやその他の色々なことに使われていることがわかった」「イオンの取組も知ることができてよかった」などの声が聞かれました。

今後も様々なボランティア活動を通して様々な取組や人とのつながりを大切にしていきたいと思います。