飯南高校支援プロジェクト

飯南町による飯南高校支援

■プロジェクトの背景

 飯南町は町づくりの基本理念を“小さな田舎(まち)からの「生命地域」宣言”と掲げ、中国山地の自然の恵み、神戸川の源流、里山に暮らす人々の営みがあるこの町を生命地域と位置付け、“笑顔あふれるまち飯南町”を将来像として町づくりに取り組んでいます。
 そうした中で、本町においても少子化により町内児童生徒数が著しく減少しており、各学校においては、大規模校に負けない充実した教育環境の整備や小規模校の特性を活かした特色ある教育、また保育所から高校までの保小中高一貫教育を推進しています。
 中でも飯南高校は将来の地域を担う人材を育成する場として期待されているとともに、勉強、部活動、地域活動での大きな活躍は、地域の人々に勇気や活力を与えてくれています。
 今後も飯南高校を本町の財産として位置づけ、町をあげて支援を行うほか、学校、地域、行政が一体となった特色ある取組を行っていきます。

学力向上支援

≪町営塾「飯南町学習支援館」≫

対象:飯南高校生、飯南町内中学生
形態:個別指導、一斉授業、大手進学塾サテライト講座
高校生月謝:受講料5,000円/月 プリント代1,000円/月
英国数を中心に、苦手分野の克服、得意分野の強化に力を入れます。
また大学進学等希望進路に合わせた個別指導を行い、目標に向けて頑張る飯南高校生をサポートします。 

個別指導

苦手分野の克服、得意分野の強化を1人ひとりの習熟度に合わせて指導します。

一斉授業

英語、数学、化学の基礎から実践レベルまで学年別に授業します。受験対策授業もあります。

大手予備校サテライト授業

大手予備校と連携しており、有名講師の授業をパソコンを使って受講することができます。

通学支援 等

≪寮費助成≫

寮費の一部(4万円の内1万円)を町より助成します。(住所移転を条件とする)
※平成27年度には新築の寮が完成(定員56名)
※土日開寮(長期休業中に閉寮期間あり)

≪スクールバス≫

志学・邑智方面、大和方面(町営バスを延長)、吉田・掛合方面へは町よりスクールバスを運行しており、自宅からの通学が可能です。平日登下校便および土曜日登校便を運行しております。

≪飯南高校支援公用車≫

飯南高校専用の公用車を配備。部活動での遠征、課外活動の際に使用し、遠征費等の経済的負担を軽減。

≪バス定期助成≫

飯南町生活路線バス、民間バスを使って自宅から通学する生徒へ通学定期相当額を町より助成します。

地域の特色を活かした教育

 教育面では「生命地域 飯南町」をフィールドとし、豊かな自然や地域の特色を活かしたキャリア教育「生命地域学」に取組んでいます。体験学習での受入れや課外授業など多くの地域企業・団体が協力しています。
部活動や運動面では体育や部活動での体力づくりとして歩くスキーを取り入れています。学校近くの「琴引きフォレストパークスキー場」をスキー部が練習ゲレンデとして使用しています。充実した練習環境により競技会では優秀な成績をおさめています。

 また、地域交流が盛んなことも特色のひとつです。生命地域ラボ(飯南町をフィールドとするクラブ活動)やホストファミリー制度(県外生対象の里親制度)をはじめ地域住民の方との交流も多く、生徒が飯南町を体験する機会を設けています。地域住民の皆様も飯南高校を応援しています。
 高校魅力化コーディネーターを3名配置し、上記の生命地域学や地域交流のサポートを行っています。

 その他にも部活動の遠征費や非常勤講師、学校業務支援員の配置など魅力ある学校づくりにつながるよう本町は飯南高校を支援しています。

  • 8月 オープンキャンパス
  • 9月 鵬雲祭
  • 10月 学校説明会
  • 中学生の皆さんへ
  • 進路状況

Page Top