新着情報

学校生活 2018-01-26 要約学習を行いました(1年生)

1月25日に、赤名保育所 所長(元赤来中学校 校長)の烏田勝信先生にお越しいただき、1年生を対象とした要約学習を行いました。

この授業は、1月30日に実施予定の【地域医療について学ぶ】の事前学習で、話された内容を図式化し、発信力の向上を図ることを目的としています。

 

烏田先生は、「図式が書ければ、聞く力、読む力、書く力、話す力が伸びる!【図式学習=要約学習】と言ってもいい。」と仰っていました。

 

授業ではまず、烏田先生からの情報をメモを取らずに聞き、それを相手に伝えることに挑戦しました。聞いただけの言葉や、文章のままだと内容がなかなか頭に入らず、相手にも伝わらないことを体感しました。

 

続いて、図式の要領について教えていただいた後、グループ内のメンバー一人一人が違う教材を見ながら8分で図式化し、相手に40秒でプレゼンする練習をしました。4人グループで行ったので、プレゼンを自分以外の3人に行い、相手からも違う教材のプレゼンを聞きました。

 

 

後半は、情報を耳で聞きながら図式を書く練習をした後、再び新たな教材を見ながら図式化し、グループ内でプレゼンを行いました。生徒たちは、前半、後半合わせて、計6回のプレゼンを行い、計6回他者の図式を見てプレゼンを聞きました。

とにかく、実践を繰り返し体得していく方法で、生徒たちは回を重ねるごとにコツを掴み、短時間で相手に伝える、伝わるプレゼンの仕方を学んでいきました。

生徒たちは、真剣に取り組む中でどこか楽しそうでもあり、回を重ねて身についていく喜びを感じながら要約学習を行うことができました。

 

計8つの教材は、1年生全員の前でのプレゼンも行われ、どの教材も自主的に手を挙げて発表する生徒がほとんどで、学習意欲を感じました。

 

来週の【地域医療について学ぶ】では、飯南町の地域医療に携わる様々な方から話を聞き、それをグループごとに模造紙にまとめ、発表を行う予定です。今日の【要約学習】を活かして、『端的にまとめた、人に伝わる発表』に繋げてほしいと思います。

また、グループ内の意見や、他のグループの発表からもたくさんの刺激を受け、今後の学習にも【要約学習】を大いに活かしてパワーアップしていってほしいと思います。

Page Top