学校紹介

ごあいさつ

 本校は、緑豊かな「神降る 星舞う 水薫る」飯南高原の地にあり、温かい地域の方々に支えられた学校です。昭和23年、島根県立川本農林高等学校の分校として開校し、昭和38年に島根県立飯南高等学校として独立しました。今日まで、飯南地域における唯一の後期中等教育機関として、様々な分野で活躍する人材を数多く輩出してきました。
 本校の究極のミッションは「活力ある地域・社会づくりに貢献できる人材を育成する」ことです。そのために「自らの人生を主体的に切り拓く力を育成する」よう教育活動に取り組んでいます。
 本校では、1学年2クラスならではの手厚い教科指導を行っています。また、就職から大学までの広範な進路に対応した科目選択も可能です。町内の中学校との中高一貫教育を実施し、中学での学びから高校への学びへの円滑な移行、中学校教員によるバックアップも行なっています。平成25年度からは「生命地域 飯南町」をフィールドとしたキャリア教育をスタートさせました。「生命地域」とは、自然の営みと人々の暮らしが調和した持続的に発展可能な地域を意味します。個々の人々の活動が、地域の中で有機的につながりあい、一つの生命のように秩序を保っているということでもあります。このような環境の中、グローカルな視野、地域に貢献しようとする意欲、高い発信力を身につけることを目指しています。
 部活動は、NHK杯で日本一となったこともある報道部や全国大会常連のスキー部、昨年県ベスト8の野球部など、各部とも精力的に活動しています。また、近くには町営の学習支援館もあり、学校を終えた生徒達が主体的に学習を行っています。
 平成27年度2月には新しい寮が完成しました。また、平成28年度11月にはハンドボール専用コート、県内の高校では2校しかない人工芝のテニスコートも完成しました。近年は、県外を含む多様な地域からの生徒たちを迎え、和やかで快適な寮生活を通し、自立・協働・貢献の精神を培っています。
 実体験や生活体験を重視し、生徒が自分で道を切り拓くための主体的な能力を高めることができるよう努力していきたいと考えています。今後とも、ますますのご理解とご支援をお願いいたします。

校長秦 勉

校章の由来

昭和38年4月、分校から飯南高校として独立するに際し、校歌・学園歌とともに制定された(デザイン・三上鎮博)

校訓

自律
自ら考え、判断し、責任を取ることのできる主体的能力、意欲、態度などを育成する。
友愛
「人間尊重の精神」と「公共の精神」とに立脚した、節度ある人間関係を醸成する。
進取
地道な努力を基盤としつつ、物事に積極的に取り組む姿勢を確立する。
創造
国家や地域の文化、伝統を継承しつつ、創造の意欲に高揚させ、新たな進展に寄与する資質を養成する。

学校案内

2017年度学校案内のパンフレットが出来ました!

PDFでご覧いただけます。

PDFダウンロード

アクセス

いのち彩る里 飯南町

【車を利用の場合】

・出雲市から約1時間 ・雲南市から約50分
・大田市から約1時間 ・美郷町から約30分
・三次市から約50分  

島根県立飯南高等学校へのアクセスマップ

【飛行機を利用の場合】

・羽田空港/伊丹空港/福岡空港 → 出雲空港(時刻表) → 車で約1時間

【JRを利用の場合】

・広島駅 → 三次駅 → 車で約50分

 

【バスを利用の場合】

 (出雲、松江、広島方面より)
・出雲⇔広島 高速バス(運行会社HP) または 松江⇔広島 高速バス(運行会社HP) 「たたらば壱番地」で乗り換え
   → 飯南町町営バス吉田赤名便(町営バスの運行)「たたらば壱番地」より乗車 → 「来島」下車(飯南高校最寄バス停)
 (三次方面より)
  ・三次⇔赤名線(町外と結ぶ路線バス) 「来島」下車(飯南高校最寄バス停)
<飯南町内宿泊施設のご紹介>
  ・「憩いの郷 衣掛」・・・ビジネスホテルタイプ。洋室あり。(バス停「赤名」横)
  ・「琴引ビレッジ山荘」・・・全室和室。
  ・「道の駅 とんばら」・・・和室、洋室あり。
※その他の宿泊施設は→コチラでご確認ください。
<町内タクシー会社>
  ・赤来交通・・・電話:0854-76-2065
  ・にこにこタクシー・・・電話:0854-76-0003

 

 

 

 

  • 8月 オープンキャンパス
  • 9月 鵬雲祭
  • 10月 学校説明会
  • 中学生の皆さんへ
  • 進路状況

Page Top